スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

パソコン・精密機械などの予備電源(非常用予備電源)は『予備電くんプロ』を!

家庭用予備電源(非常用予備電源)としてちょっとした話題になっている『予備電くん』ですが、パソコン(デスクトップPC)には、『予備電くんプロ』という製品を使うそうですね。

普通の『予備電くん』では、電気の相性がよくないらしく使えないそうです。なお専門用語を駆使するとこんな感じです。

▼▼▼▼

一般的にインバーターは2種類あり、『予備電くん』で使われている矩形波タイプと、精密機械で使われる正弦波タイプがあります。家電製品の多くは、矩形波タイプです。しかし、一部の機器(デスクトップパソコン、マイコン制御の電化製品、計測器、医療機器など)では、精密な波形を必要とするため使えないそうです。

▲▲▲▲


そこで、これらの一部の機器に使う場合、【予備電くんプロ】という製品を使うそうです。これは、正弦波タイプに適合した業務用1000ワットの『予備電くん】です。160Ahの大容量タイプで、『予備電くん】シリーズで一番容量があり、どの電子機器にも使える最高スペックの商品になります。

ただ、ここまでくると販売価格248,000円と高額なため、個人用というより業務用といったほうが正しいかもしれませんね。



スポンサーサイト

関連タグ : 予備電くんプロ,

| 家庭用予備電源のススメ | TOP↑

今回の震災で家庭用予備電源の必要性を痛感!PCや携帯などの予備電源装置に!

今回の震災では、様々なトラブルに見舞われた感じです。その一つに挙げられるのが、停電や計画停電。特に最近では、オール電化住宅などが人気があります。しかしオール電化住宅は、停電時には全く役立たななくなることが多いです。安全とはいえ、全てを電気で頼ることは少し危険な感じです。

最近では、大規模停電といったニュースも飛び込んできますから。こんな時に思うのは予備電源となるバッテリーがあればいいという点。別に全ての電化製品が使えなくても構わないのですが、ライトやパソコン、また携帯電話の充電など、身近なものだけでも使えるようになると便利だなと思います。

その中で今回の地震です。停電や計画停電でかなり苦労されている方が少なくありません。そこで家庭用の予備電源バッテリーとしてよさそうな製品が見つかりましたので、ここで紹介したいと思います。

その名も『予備電くん』。この『予備電くん』の特徴は、停電時にバッテリー(DC12V)からインバーターを介して家庭用電源(AC100V)のコンセントが使える製品です。また充電は、専用充電器があるので無停電時におこないます。これにより繰り返して使えるわけです。ただし充電時間は、放電量にもよるのですが、例えば残量50%の場合、6A充電で5時間程度かかります。また充電器には、過充電によるバッテリー劣化を防ぐため、過充電防止装置が付いています。

この『予備電くん』を使えば、デスクトップやノート型パソコン(PC)や携帯電話の充電、照明・ライトといった電化製品から、それら以外の電源供給に利用することができます。但し、300ワット以内に限ります。

ここで気になるのが耐久時間(持久力)の問題です。目安としては、13ワットのLED照明が10時間以上も使用できるそうです。いざという時に使える家庭用の予備電源バッテリーとしては、ちょうどいい感じです。防災グッズの一つとして予備電源装置として『予備電くん』を用意しておきたい気がします!

関連タグ : 家庭用予備電源, バッテリー, 予備電くん,

| 家庭用予備電源のススメ | TOP↑

| PAGE-SELECT |

seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。